Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.01.2019, Day 36

4月1日 日本時間午前7時 36日目 天気晴れ

北緯16度39分 東経171度 52分  北東の風15ノット 

波1.5 メートル ヘディング310 度  船速6ノット

【自分が成長しているか不安になっても、“継続は力なり”を信じて】

太平洋をセーリングしていると、行けども行けども太陽は、 Dream Weaver の後ろから登り、前の方に沈んでいく。それだけで、見えるものは海・海・海である。

あの灯台を超えたから、あの島を超えたからなどと、目標を通り過ぎることで、自分たちが進んでいることを知ることできない。ただ、コンパスの緯度と経度の数字だけが、それを知らせてくれる。しかし、着実に日本へ向けて進んでいるのです。何かに努力していても、自分は伸びているのだろうかと、不安になることもあるだろうが、「継続は力なり」を信じて、自分を信じて、毎日を送ることが大切ではないだろうか。

April 1st, JST, Day 36, Weather: Clear

16.39 N 171.52 E, NE 15 kts. wind

Wave hight: 1.5 meter, Course: 310, Boat speed: 6 kts.

[ When I get anxious about my personal growth, I trust the Japanese proverb, ” Perseverance is power” ]

Sailing in the Pacific Ocean, we just see the sun rising behind Dream Weaver and the sun setting in the front. That’s all. All we can see is ocean, ocean and ocean…

We can not get a good sense of moving forward, because there aren’t any lighthouses, islands that can be a landmark for us. Only way we know is by checking the compass and finding the latitude and the longitude of our location. I know, we are getting close to Japan for sure, but… a lot of times, we feel anxious, because we can not recognize if we are making progress even though we are putting in all our strength. There is a saying in Japanese, ” Perseverance is power”. We just have to believe in ourselves and take steady steps every day.

https://www.photo-ac.com

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.31.2019, Day 35

3月31日 日本時間午前7時 35日目 天気晴れ

北緯15度59分 東経173度57分 北東の風13ノット 

波1メートル ヘディング285度 船速6ノット

【私は太平洋の一滴の海水】

昨晩から風が上がり、また西に向けて進路をとり始めました。
風も安定し 、Dream Weaver が静かだったため熟睡できました。

大きな広い広い太平洋をセーリングしていて、ふと思いました。このように広い太平洋、そこには、天文学的な量の海水があることを。しかし、この太平洋も一滴一滴の海水からなっており、それらの間には序列も優劣もないことを。

この太平洋を宇宙で考えると、巨大な宇宙の胸にある、一つの小さな地球に生かされている私は、太平洋の一滴の海水と同じなのです。そう考えるとこのようにして、皆様と知り合いになれていることに、感謝した次第です。

人を憎み、苦しんでいる人、人間関係で悩んでいる人に、そのことをもう一度思い出して頂き、少しでも悩みから解放されることを願います。

March 31st, 7 a.m. JST, Day 35, Weather: Clear

15.59 N 173.57 E, NE 13 kts. wind,

Wave hight: 1 meter, Course 285, Boat speed 6 kts.

[ I am just a drop of water in the Pacific Ocean ]

Higher winds are back since last night, and we started to go west again. Nice consistent winds made Dream Weaver calmer that I slept very well.

As we sail in this big wide Ocean, I began to think like this. There are tremendous volume of water in the Ocean, but little drops of water make the great ocean. Each drops are all equally precious.

The Ocean is like the Universe. A drop of water is me, given a life on the earth in the universe. I am just thankful to have connections with all of you.

There are people in anger, hard times, or difficult relationships between others. I hope they will be released from what they are suffering from, by thinking like this. We are all just a tiny part of the Universe.

https://www.photo-ac.com

Quick recap / ここまでのまとめ

Tried every sail combination to sail the light wind on periphery of high off Baja

Kept going South…..and South….

Finally headed southwest with alternating good winds and light winds
Through cold front into expected trade winds, but…

Near gale force winds in washing machine seas (18 foot swells)

Hawaii closer, but…We aren’t going to Hawaii anyway.  Pass on the new cold front  coming through, the wind shadow of the Big Island…. further South we go….

Finally in the trades and leaving Hawaii behind

Glorious trade wind sailing with times of lighter wind

Reasonable winds expected until turning point

Along the way, no injury, sunburn stomach ache.,,, but did need to fix:

  • Connections to propane gas solenoid ( otherwise, no hot water for cooking)
  • Ground at alternator to regulator ( otherwise, alternator overcharges batteries when engine runs, possibly destroying them)
  • Exploded block for boom break which we replaced with snatch block ( good thing the boom did not come over too hard)
  • Replaced pin between hydrogenerator propeller and drive shaft ( otherwise, not enough electricity; good thing we bought the spare part kit)
  • Various reefing and furling issues…..

メキシコのバハ・カリフォルニア半島の北部周辺では弱風の中あらゆる帆のセッティングを試す。

南に進む、ただひたすら南へ。

やっと南西に向かった頃、最適な風と弱風が交互にやって来る。

寒冷前線を超えたら貿易風が待っていると思いきや・・・

洗濯機の中にいるような海に激しい強風。(5.5メートルのうねり)

ハワイに近づくも、ハワイによるわけでもなし。新たな寒冷前線が通り過ぎ、ハワイ島が壁となって出来る「風の影」に合う、そしてまた、南下する。

ようやく、貿易風を背にハワイを離れる。

これぞ憧れの貿易風と言ったちょうどいい風の中でのセーリング。

目的地へのターニングポイントまではおよそ適度な風に見舞われるであろう。

これまでの所、怪我なく、ひどい日焼けや腹痛もなく過ごす。しかし、様々な修理を余儀なくされる

  • プロパンガスのソレノイドのコネクション《しないと、食事の為の湯が沸かせない》
  • オルタネーター(発電機)からレギュレーター(調節装置)へのグラウンド《しないと、エンジンが回っている時に発電機が過充電になり、故障の原因になり得る》
  • スナッチブロックに交換する前に壊れたブームのブロック
  • 水力発電機のプロペラとドライブシャフトの間にあったピンの交換《これをしないと電力不足に陥る。予備の部品キットを持って来ていて助かった》
  • 帆の操作の際の数々の問題等々

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.30.2019, Day 34

3月30日 日本時間午前7時 34日目 天気晴れ

北緯15度53分 東経176度11分 東の風12ノット 

波1 m ヘディング225度 船速5ノット

【やはり寿司のネタが!!】

昨晩は風が落ち、セールとブームが暴れ、ほとんど眠れませんでした。このまま西に進むと、貿易風がさらに弱くなる予報で、南西に向けてセーリング中です。日本から離れているのが、精神的にちょっと辛いです。これも修行ですね(笑)

さて昨日の朝、イカ様が右舷に飛び込んで、炭を吐き、そのまま昇天なさっていました。海に戻しましたが、やはり寿司のネタは、たくさん泳いでいるんですね。


「ぼうはていさんいたて、めしんしゃば、つってこんかい」(訳:防波堤に行って、晩飯のおかずになる魚を、釣って来てくれないか)。
子供の頃、母親にお願いされたことを思い出し、釣りをしたくなりました。

March 30th, 7 a.m. Japan Time, Day 34, Weather: Clear

15.53 N 176.11 E, East 12 kts. wind

Wave hight: 1 meter, Course, 225, Boat speed: 5 kts.

[ Sushi is on my mind again ]

Last night, low winds made the sail and boom bang around, and I barely slept. Trade winds are expected to be even weaker as we go west, so we are sailing south-west now. It is hard to face the situation that we are moving a way from Japan for now. This is part of the challenge, I know : )

A cuttlefish jumped into the boat from the starboard side. It ejected its ink and died, so we threw it back to the ocean. A lot of sushi out there!

” Could you go out to the pier and get some fish for dinner?”

My mother used to ask me to fish when I was a kid. I miss fishing.

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.29.2019, Day 33

3月29日 日本時間午前7時 33日目 天気晴れ

北緯15度53分 東経178度21分 北東の風6.7 メートル 

波1 メートル  ヘディング275度 船速6ノット

【堀江謙一さんはすごい!】

昨日、日本時間午後3時45分頃に、日付変更線を無事に超えることができました。皆様の応援に感謝しつつ、この人生に二度とあるかわからない瞬間を、感動しつつ迎えることができました。

堀江謙一さんは、1962年、歴史に残る、ヨット単独無寄港太平洋横断に成功されました。ヨットは、Dream Weaver の半分ほどの6 Mメートルに満たない、考えられない小さな船でした。

装備も 、GPS やオートパイロットもない状況で、食べ物に関しても、今私たちが食べているフリーズドライやお湯を入れるとご飯ができるようなものもなかったのです。多くの人に反対されて、政府からはパスポートも発行されないなか、挑戦したのです。

堀江さんの自分を信じ、夢に向かって挑戦された、そのスピリットには尊敬しております。

無事にこのチャレンジが成功した後、堀江さんの「太平洋ひとりぼっち」をもう一度読み返してみたいものです。一度是非お会いしてみたいと願っております。どなたかお友達の方がいらっしゃいましたら、つないでいただけましたらありがたいです。

March 29th, 7 a.m., Japan Time, Day 33, Weather: Clear

15.53 N 178.21 E, NE 6.7 meters wind

Wave hight: 1 meter, Course: 275, Boat speed: 6 kts.

[ Respect for Kenichi Horie ]

We crossed the International Dateline yesterday around 3:45 p.m.. It was an emotional moment for me to realize this precious experience could never happen again. I am so grateful!

Kenichi Horie is the famous yachtsman in history to make a non-stop solo crossing of the Pacific Ocean in 1962. His sailing boat was very small that was 19 feet, and less than half of Dream Weaver.

He did not have any high-tech equipments we have, like GPS or Autopilot. There weren’t any freeze-dried foods, or instant rice that we only need hot water. Many people criticized and tried to stop him. Worse thing was the government didn’t even issue him a passport. But, nothing stoped him.

I respect Horie-san’s spirit of believing in himself and taking action for his dream.

If we successfully finish our adventure, I would liked to read his book “Kodoku: Sailing Alone Across the Pacific” again. I would love to meet him too. I wonder if anybody reading this have a connection to Horie-san…

Kenichi Horie, standing on the deck of his sailboat the MERMAID, arriving in San Francisco on August 12, 1962 after completing a non-stop, solo crossing of the Pacific Ocean. NPS SAFR P85.026pl

https://www.nps.gov/safr/learn/historyculture/kenichihoriepeoplepage.htm

International Dateline / 日付変更線

We are finally here. But, what does it really mean when you have already traveled almost 5,000 nautical miles over what, at times,  seemed an eternity?

Each day is ruled by the Sun and the Moon, the winds and the waves who pay no heed, nor even passing interest, in the artificial conventions of Man. 

Nonetheless, we are pleased to be here as a milestone to our progress.  Without such markers there is a sense of standing still while moving forward: each day we follow the Sun and every afternoon she calls to her legions who gather themselves up in orderly rows,  dressed in resplendent white,  to follow her to her chambers for the night.

Our next milestone will be passing Wake Island and then our turning point north: to Home.   

とうとうここまでやって来ました。しかし、色んな事を乗り越え、時間もかけて5000海里も航行して来たのち、これはどう捉えればいいのだろう。

日々は、太陽と月によって仕切られ、風と波はおかまいなしに迫ってくる。人間のお決まりの会話もただの一時的な暇つぶしと言ったところ。

そうは言っても、我々の経過の中では節目であり、喜ばしい事です。こう言った節目でもなければ、前に進みながらも立ち止まっていると言った感覚。

次の目標は、ウェーク島、そして、北へ舵を切るターニングポイント。そこからホーム(日本)に帰ります。

What Doug’s been doing / ダグの船での様子

I spend time on the boat checking and repairing things, looking at weather forecasts , charging batteries for cameras and radiation monitor, writing ships log, writing in my own journal, take occasional video and picture 

I try not think or not think things.  Just observe whatever comes into my mind without reacting to it.   

Reading the Book “Reality is not what it seems” by Rovelli.  It is a book about physics, quantum gravity.  

私の船での過ごし方というと、部品の点検や修理、天気予報を見たり、各カメラや放射線計測装置のバッテリー交換と充電。航海日誌を書いたり、自分の日記、たまにビデオを撮影したり写真を撮っています。

あまり物事を思い起こして考えないように努めています。たまたま頭に浮かんだ事柄だけ考えるようにして。

ロヴェッリ著「すごい物理学講義」と言う本を読んでいます。物理や重力理論について書かれた本です。