Article in Sail-World /セイルワールドの記事

The world Largest sailing news network, “Sail-World” has picked up our story.

世界最大のセイリングニュースネットワークであるセイルワールドで我々の事が記事として取り上げられました。

https://www.sail-worldcruising.com/news/213565/Blind-sailor-teams-up-to-cross-the-Pacific?source=email

Gathering in Tokyo to update friends about the Voyage

On December 15 we had a gathering at a local pizza restaurant at which we updated people about the voyage.  Per Knudsen told how Doug’s interest in sailing was, in part, sparked by Doug sailing with him and his wife, Anne, on their boat in Japan.  Per and Anne gave Doug a teru-teru-bozu to take on the teams’s boat, Dream Weaver.  A teru teru bōzu (Japanese: てるてる坊主, literally “shine shine monk”) is a small, traditional handmade doll made of white paper or cloth that Japanese farmers began hanging outside of their window by a string.  This talisman is supposed to have magical powers to bring good weather and to stop or prevent a rainy day. 

12月15日、ダグの行きつけの近所のピザ屋で今回のチャレンジの状況報告を兼ねてダグの東京の友達と集まりました。Per Knudsenは、ダグがヨットに興味を持つようになったきっかけの話をし(日本にある自家用ヨットに彼の奥さんのAnneも一緒で乗せていただいた時の話)、同時に、彼がヒロとダグを結びつけた超本人だと公表しました。最後にPerとAnneからドリームウィーバー号の為に幸運を呼ぶてるてる坊主が贈呈され楽しい夜となりました。

Shrine Visit / お参り

Hiro and Doug visited Namiyoke Inari Shrine (波除稲荷神社 Namiyoke inari-jinja) to pray for a safe passage.  Hiro was especially keen to go to the shrine since they did not visit the shrine before the last voyage.   Namiyoke Inari Shrine (波除稲荷神社 Namiyoke inari-jinja) is a Shinto shrine located in Tsukiji, Chūō, Tokyo. It is an Inari shrine that was built on the water’s edge when that part of Tokyo (then Edo) was created from landfill after the Great Fire of Meireki in 1657. The name of the shrine literally means “protection from waves.”

After the Tsukiji Fish Market was established in its present location after the 1923 Great Kantō earthquake, the Namiyoke Inari Shrine became an unofficial guardian shrine for the marketplace and its traders. The courtyard of the shrine is dotted with various memorial plaques and carvings donated by trade groups in the marketplace.

波除神社に二人で安全な航海を祈願し、お参りに行ってきました。ヒロは前回のチャレンジの際にここを訪れていなかったので今回は特にこだわり、お参りする事が出来ました。波除神社は東京都中央区築地にあります。江戸時代の明暦の大火後、当時はまだ江戸湾が入り込んでいた築地の埋め立て工事が行われそうだが、荒波の影響で工事は難航したそう。その最中のある晩、光を放ち海面を漂う御神体が見つかり、万治2年(1659年)、現在地に社殿を建て祀ったそう。その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、「波除稲荷」と尊称して厄除けなどに信仰を集めることとなったと言う事です。

New Pec / ニューペック(電子航海支援アプリ)

Less experienced sailors and people unfamiliar with sailing usually associate offshore and blue water sailing with increased danger.  And, while it is true that one is further from help if something happens, it is also less likely something will happen as there are fewer boats to collide with and no obstructions in the water, with the exception of the rare cargo container that came off a ship during a storm- and the occasional whale!   It is when one is close to shore and there are many other boats, reefs, shoals and fishing nets that extra caution is required.  This is especially true for Japan.  Mapple ON Co., Ltd has kindly allowed us to use their mapping software “New Pec Smart” for free.  These maps are much more detailed than those that are obtained outside of Japan and will be extremely valuable to us as we approach the coast of Japan.

セーリングに対して経験の浅い人や知識が少ない者にとっては沖に出たり外洋に行く事は普通以上に危険を伴います。遠くまで行ってしまうといざという時の救助もないのですが、実は外洋ほど障害物や他のボートが格段に少なくなるのでトラブルも少ないというのが事実です。それでも怖いのは稀に遭遇してしまうクジラや嵐で貨物船から落ちたコンテナ等です。しかし一番細心の注意が必要なのは岸に近い時なのです。多くの船、岩礁、浅瀬や定置網等、漁業が盛んな日本近海は特に目が離せません。そんな時に便利な航海用電子参考図です。日本水路協会が発行する航海用地図を地図ソフト会社のマップル・オン社がiOS版のアプリを開発されました。これを我々に無償で情報提供して下さる事になりました。日本領内以外も地図は大変詳細に書かれています。特に日本近海では非常に価値の高い情報を得られます。

http://mapple-on.jp/products/newpecsmart/

Helly Hansen/ ヘリーハンセン

Helly Hansen has kindly agreed to provide a full set of sailing wear to the Dream Weaver team.   For the serious sailor or skier,  this company needs no introduction, but for those less familiar with the brand, we have copied and pasted about the history of Helly Hansen from the company website.  

(株)ゴールドウィン様のブランド、ヘリーハンセンよりセーリングウェアの一式をドリームウィーバー チームにご提供賜りました。真のセイラーやスキーヤーにはこのブランドを紹介するまでもないかも知れませんが、このブランドに馴染みの少ない方々に向けてヘリーハンセンの歴史について会社のウェブサイトから引用させていただきました。

THIS IS THE STORY OF HELLY HANSEN

From our home in Norway, Helly Hansen has been making professional grade gear to help people stay and feel alive for almost 140 years. It all started in 1877 when sea captain Helly Juell Hansen found a better way to stay protected from the harsh Norwegian elements. Soon thereafter, Captain Hansen and his wife Margrethe launched a business producing waterproof oilskin jackets, trousers, sou’westers and tarpaulins made from coarse linen soaked in linseed oil – and the legend was born!  Helly Hansen gear is worn and trusted by professionals on oceans, mountains and worksites. As the #1 apparel brand for Ski Professionals, you’ll find HH at more than 200 ski resort and guiding operations around the world, and worn by more than 55,000 ski professionals. Our sailing gear is worn by world-class sailors across all five oceans, and we’re proud to partner with and participate in some of the sport’s most iconic regattas and sailing associations. As a leading Scandinavian workwear brand, you’ll see us at work-sites where performance, protection and safety matter most. We continue to support Captain Hansen’s legacy through a long list of first-to-market innovations developed through insights from those working and recreating in the world’s harshest environments.

ノルウェーの商船隊の船長だったヘリー・J・ハンセン。彼は37歳で船乗りをリタイアすると、フィヨルドに面した港町モスに”オイルスキンクロス&キャンバス工場”を設立しました。1877年のことでした。プロ向けのオイルスキン製造を始めたこの小さな工場こそ、現在では世界中のセイラーたちに信頼されているウェアブランド、ヘリーハンセンの起源なのです。第1号の製品は、亜麻仁油をしみこませたセイルキャンバス製の消化バケツ。そして翌年にはパリ万博の展示会で、シーマン衣料部門のデザイン賞を獲得。1950年にはウェルダー縫製による世界初の完全防水ウェアの商品化に成功しました。130年以上を経たいま、防水テクノロジーの進化とともに新たな防水ウェアを市場に供給し続ける、ヘリーハンセンです。

Dream Weaverロゴ入り!

Furuno Tracking System/ 古野電気のトラッキングシステム

Furuno has kindly agreed to allow us to use their vessel tracking system.  This system will allow friends and family to track our progress and for our support team onshore to monitor the boat for unusual movements, e.g. stopped, moving backwards, etc., that might indicate there is a problem.  This system is quite advanced so that the settings can be changed by our support team onshore. This is  a very useful feature.  For example, we can set the system to transmit once every hour to save electricity but, if something happened and the shore team could not reach us, they could have the system send our location more frequently to assist in locating the boat.  

古野電気株式会社様より自社が開発されたトラッキングシステムをご提供頂けることになりました。これにより家族や友人、支えてくださるサポーターの皆様にはウェブサイトより常時ヨットの位置を知らせる事が出来ます。停止状態や逆行時も見極められますので、陸地サポートチームにも船のちょっとした動きの変化を知らせる事ができ、異常事態をいち早く察知するのにとても役立ちます。とても優れた機器なので、例えば電力を節約する為に送信を1時間に一回にするなどの調整をしたり、連絡がうまく取れない事態には陸地サポートチームから送信頻度の設定を遠隔操作で変更する事も出来ます。

古野電気の矮松部長から直々に伊勢神宮の祈祷大麻を頂きました。

下記に、月刊 KAZI に掲載された同システムの記事があります。舵社の企画編集、営業部課長の安藤さんは個人的に岩本を応援してくださっているサポーターで、このトラッキングシステムの開発に携わられました。

Dream Weaver LOGO / ドリームウィーバー   ロゴデザイン

We would like to introduce Miyamoto Yusuke who was instrumental in finishing the Dream Weaver LOGO. The LOGO incorporates “DW” written in brail on the blue sail in white dots. The shape of the sail is in the shape of the letter “D” and the wave of water under the sail is reminiscent of the letter “W”. The blue color represents the ocean.

このウェブサイトでも使っているドリームウィーバー号のロゴマークの作成に協力して下さった方を紹介します。  デザイナー/クリエイティブディレクターの宮本祐輔 さんです。このロゴは、太平洋を渡る ヨット、ドリームウィーバー号をモチーフにセイルはドリームのD、波をウィーバーのWで表現、カラーは太平洋の美しい海の色ブルーを  表し、セイル部分に点字でDWをあしらっています。 

デザイナー/クリエイティブディレクターの宮本祐輔 さんです。このロゴは、太平洋を渡る ヨット、ドリームウィーバー号をモチーフにセイルはドリームのD、波をウィーバーのWで表現、カラーは太平洋の美しい海の色ブルーを  表し、セイル部分に点字でDWをあしらっています。 

岩本とパートナーのダグ、その家族の思いをデザイナーの宮本さんが 本 プロジェクトに共感し、デザインに仕上げて下さいました。

宮本祐輔 デザイナー/クリエイティブ ディレ

大阪府東大阪市生まれ、幼少より奈良県で 過ごし,  2008年京都市立芸術大学卒業、 同年大手広告代理店入社。CI、広告グラフィックをはじめ、WEB、 イベントプロモーションなど幅広いメディアを、プランニングからデザインまでトータルに行う。