Farewell, Onahama / 小名浜、また会う日まで

ドリームウィーバーは、小名浜港のいわきサンマリーナを明朝に出航し、東京の夢の島マリーナに向かいます。この回航には、ヒロとダグ以外に経験豊かなセーラ数名が同乗します。サポートメンバーで、アースマラソンのセーリングや、前回のブラインドセーリングで沈んだエオラス号のオーナーとして知られる比企さん、日本セーリング連盟理事の菊池さん、そして、東京ヨットクラブ行事委員長の佐々木さんと言う、頼もしい顔ぶれです。船は、三崎を経由して夢の島マリーナに4月28日(日曜日)の午後に到着を目指します。 福島の皆様、ドリームウィーバーを温かく迎えて下さってありがとうございました。 Dream Weaver is leaving Iwaki Sun Marina, Onahama, Fukushima, tomorrow morning for Yumenoshima Marina, Tokyo. Hiro and Doug will have some other experienced sailors with them and are expected to arrive in Tokyo this Sunday afternoon. Thank you, Fukushima people, for welcoming the Dream Weaver with open arms.

いわきの高齢者施設訪問 / Visited local retirement homes in Iwaki

セレモニーで頂いた素敵なお花。小名浜滞在がしばし続く二人には活ける事も出来ないので、地元の高齢者施設を訪問してお花を貰っていただく事にしました。喜んで下さり、こちらも嬉しかったです。 Hiro and Doug received beautiful flowers at the ceremony. Unfortunately, they did not have a place to decorate them, so they decided to give the flowers to a local retirement home and a day-care facility. Hiro and Doug were happy to see their smiling faces.

Ceremony / 到着セレモニー

4月21日に地元のサポーターの皆さんにより到着セレモニーが行われました。そこでは、いわき海星高校の生徒、卒業生、いわきジュニアヨットクラブの子供達と一緒にディンギー(小型ヨット)に乗船するイベントがありました。その後、ジュニアの保護者の皆様が、豚汁やお漬物、おにぎりなどを振舞って下さいました。最高に美味しかったです! 昼食後は、大変貴重な祝辞を頂きました。 いわき市長 清水敏男 様、福島県議会議員 坂本竜太郎 様、海上保安庁 第2管区保安部 福島海上保安部長で小名浜相馬港長 大逹弘明 様、いわき海星高校 校長 松本喜法 様 ヒロの教え子で全盲シンガーソングライターの栗山龍太さんによる「Dream Weaver」と「リアルビクトリー」(パラリンピック応援歌) の演奏がありました。 それに続き、ヒロもダグも知らなかった事が。なんと、黄色いハンカチのデザイナーでつなみ被害者の姫花ちゃんのご家族が、海を渡ったハンカチを受け取りに来てくださいました。船から外し、お父様にハンカチを贈呈。お返しに、新品のハンカチを二人にプレゼントして下さいました。ご家族の想いを語って下さったお父様に、心より感謝を申し上げます。 最後にヒロ、ダグより皆様へのメッセージでセレモニーが締めくくりました。 The arrival ceremony was held on April 21. Hiro and Doug sailed dinghies with the local high-school students and children, then enjoyed delicious tonjiru stew cooked by the parents. After lunch, there were celebratory speeches given … Continue reading Ceremony / 到着セレモニー