Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.18.2019, Day 53

4月18日 日本時間午前7時 53日目天気雨 北緯34度26分 東経143度39分 北東の風21ノット  波3 M ヘディング304度 船速6ノット 【ダグの情熱と行動にもっとフォーカスを】 今回の航海について、2013年の辛坊さんとの太平洋横断に挑戦したブラインドセーラーが、再チャレンジに挑むということで、どうしても私にメディアからフォーカスされることが多い。 もっと、ダグの情熱や行動力に、 フォーカスしていただきたいと考えています。 皆さんにも以下の3点を読んで頂き、ダグの情熱と行動力が Dream Weaver プロジェクトを推進してきたかが、わかると思います。 1.ダグからの一通のメール クジラとの衝突により、夢を途中で断念せざるを得なくなった私の経験、そして、再びやりたいということをダグが友達から聞き、そのストーリーに感銘を受けて、一緒にやろうではないかというメールを、私に送ってきた。2016年12月のことである。彼が住む東京に行くことになっていたので、その際、お互いの気持ちを確認し、プロジェクトをスタートさせた。「僕にはセーリングの経験はないが視力はある、君は視力はないがセーリングスキルはある、二人でやれば夢は必ず実現できる」ということを彼は言ってくれた。 周りの人の多くは「そんな初心者と行ってまた失敗したらどうするの、お前が使われるんじゃないの、その間の生活はどうやって守るの」等々、ネガティブに思っている人が多かった。 駅まで視覚障害者を誘導したり、一緒に旅行に行くのとは違う。命をかけての挑戦である。よっぽどの情熱がなければできないはずである。ダグにはその情熱が十分すぎるほどあったのです。 2.私が住むサンディエゴでヨットを購入、そしてトレーニングスタート 2017年3月早速タグがサンディエゴに来て、外洋に適したヨットを見て回った。私が住むサンディエゴにヨットを置いた方がトレーニングに際し、私への負担が軽いと判断し、決断、即行動だったのである。このスピードには驚かされた。5月には二人でトレーニングを始め、外洋に、セーリングに行き始めた。サンディエゴのトレーニングとは別に、アメリカ東海岸でセーリングスクールにも行き、アメリカセーリング協会のコースを、次から次へと受講した。時間的に経済的に余裕があるとはいえ、私のトレーニングのために、2~3ヶ月に1回、2~3週間来たことからも、彼のこのプロジェクトに対しての情熱が伝わってくる。 3.実際の航海では彼の役割は8割以上 2月24日サンディエゴ湾を出港し、今日まで多くのことを経験し、いろんな気づきを得ることができ、明日、福島の小名浜に着ける予定である。非常に嬉しい。 この航海中、気象予報士、非常部隊との連絡、ナビゲーション、プロパンの点検、風力発電機、AIS等の修理…、8割以上彼がしてきた。 私の仕事は、デッキやマストに行く際に急がないで安全に、 Dream Weaver に負担がかかっていそうな時、もっと優しく走らせよう、低気圧に入り込んで不安や心配のためにダウンし、ベッドに横になっている時、「一時の辛抱、Dream Weaver が守ってくれる、大丈夫」と声をかけるぐらいだった。 このようなダグの情熱と行動が、世界初ブラインドによる太平洋横断を成功に導きつつあることを、もう一度強調しておきたい。そしてこのようなダグと出会えたことに心から感謝している。 日本に近づくにつれ他船が多くなり、昨晩からほとんど一睡もしていないダグに、到着時皆さん激励お願いします。 With this voyage, as it is my second attempt to cross the pacific, after my failed attempt last time with Shinbo san, there has … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.18.2019, Day 53

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.17.2019, Day 52

4月17日 日本時間午前7時 52日目天気曇り 北緯32度9分 東経145度10分南東の風14ノット 波2 Mヘディング338度 船速7ノット 【エオラスへのメッセージ】 今のところ、風も波も落ち着いていますが、気象予報士によると、強力な低気圧が近づいているようで、今夜から明日にかけて大しけになりそうです。荒れた波は、もうお腹いっぱいだと言いたいですが…、これも着岸時の感動を数倍にしてくれるために、与えられた試練、いやプレゼントだと思って頑張ります。皆さん、見守っていてください。現在のところ、19日夜中に沖待ちし、20日早朝には、いわきサンマリーナに着岸できる見込みです。 一昨日、小名浜まで600マイルの地点に来ました。600マイルと言うと、エオラスを沈めたのがその距離です。位置的には随分南なのですが、エオラスに次のようなメッセージを送らせてもらいました。 《エオラスへ》2013年6月21日、僕たちはクジラとぶつかってしまい君を沈めてしまった。だけど、君は傷を最小限にし、浸水の速度をゆっくりにしてくれたんだよね。だから僕はこのようにして助かったんだ。本当は君の傷がどこにあるかをすぐに探して対処すれば、沈めなくて済んだのかもしれないのに、それだけが悔やまれる。また、ライフラフトに移って、最後まで君といなければいけなかったのに、ライフラフトが金属のボルトにぶつかっていて、このままだとライフラフトがパンクしてしまうことから、君と繋がっていたロープを切ってしまったんだ。それも申し訳ないと思っている。最後まで一緒にいたかったのに。だけど、今回このようにして、再チャレンジ出来ていることに感謝だ。君と過ごした大阪での3ヶ月間はとても楽しかった。多くのボランティアの人たちと君を整備し、皆笑顔で楽しい時間を過ごした。君も、太平洋の底から、小名浜に無事に着くように祈っておいてほしい。どうぞゆっくり休んでください。 本当にありがとうエオラス、ありがとう。 ヒロ April 17th, 7 a.m., JST, Day 52, Weather: Clear 32.9 N 145.10 E, SE 14kts. wind Wave hight: 2 meter, Course: 338, Boat speed: 7 kts. [ My message to Aeolus ] The winds and waves are calm for now, but a strong low pressure is … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.17.2019, Day 52

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.16.2019, Day 51

4月16日 日本時間午前7時 51日目 天気雨 北緯30度33分 東経147度 22分北の風14ノット 波2 M ヘディング258度 船速7ノット 【熊本地震から3年、太平洋から復興に向けて応援いたします】 私の故郷である、熊本での地震が起こって、3年になります。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。 私は、何かのお役に立てればとの思いで、3年前の5月に、微力ではありますが、熊本城近くの城東小学校で、マッサージや、被災された方の精神的な緩和に繋がればと思い、お話を聞くなどの、ボランティアをさせていただきました。 私も、実家に帰る度に震災のことを思い出します。我が家も解体せざるを得なくなり、苦しみを理解できるだけに、復興にあたり頑張っておられる方に、私の再チャレンジが、皆様に少しでも元気や勇気となれば、これほど嬉しいことはありません。 April 16th, 7 a.m., JST, Day 51, Weather: Rain 30.33 N 147.22 E, North 14 kts. wind Wave hight: 2 meter, Cour: 258, Boat speed: 7 kts. [ 3 years since Kumamoto Earthquake ~ best wishes for the reconstruction of Kumamoto from the Pacific Ocean ] … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.16.2019, Day 51

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.15.2019, Day 50

4月15日 日本時間午前7時 50日目 天気曇り 北緯29度8分 東経149度11分  南東の風15ノット  波2 M ヘディング325度 船速5.5ノット 【ヘリーハンセンのセーリングウェアは素晴らしい】 昨晩は、波と風が良く、3時間ほどぐっすり眠れました。体と精神に力を頂きました。 今朝は、スターバックスのコーヒーと、福島の門馬様から提供していただいた、缶詰のパンを、いつものようにいただきました。缶詰のパンは、非常食用ですが、しっとりとしていて美味しいです。 今日の昼から、風が上がり30ノット を越える予定です。夜中には45ノットまで(ちょっとした台風)上がる予定です。セーリングを始めて最高の風速なので、準備をしっかりし、イメージトレーニングを何度もし、今までの経験とトレーニングを集結させ、落ち着いて平常心で乗り切りたいと思います。皆さん、地上から見守っていてくださいね。 さて、日本は寒いですね。今回、ゴールドウィン様から、ヘリーハンセンの各種セーリングウェアを頂きました。ありがとうございます。今日は、カッパを着て、準備にあたっています。このカッパは、非常に動きやすく機能も優れており、とても助かっています。 ヘリーハンセンのお店は、東京の原宿の駅から徒歩で行けるところにあります。ここには、街で着るようなファッショナブルな洋服もあります。是非行ってみてください。 April 15th, 7 a.m., Day 50, Weather: Clear 29.08 N 149.11 E, SE 15 kts. wind Wave hight: 1.5 meter, Course: 325, Boat speed: 5.5 kts. [ We love our sailing ware by Helly Hansen! ] The winds and waves were just … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.15.2019, Day 50

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.14.2019, Day 49

4月14日 日本時間午前7時 49日目 天気晴れ 北緯27度25分 東経151度1分北東の風23ノット 波4 M ヘディング295度 船速5.1ノット 【ドキッとしたAIS のトラブル、そして解消】 昨日の夕方から、また荒れ始めました。少し落ち着いていますが、再び荒れるようです。 午前3時頃、自船のお知らせ、他船の位置を知るためのAIS が、突然動かなくなりました。安全航行の面から、このシステムは必要不可欠です。明るくなって、ダグがマストの下にある VHS アンテナのコネクターを外し、よく拭いた後に差し込んだら、元に戻りました。ホッと一息です。 800マイルを切りました。荒れる日が多いようですが、安全に航行しますので、引き続き皆様からの応援よろしくお願いします。 April 14th, 7 a.m., JST, Day 49, Weather: Clear 27.25 N 151.1 E, NE 23 kts. wind, Wave hight: 4 meter, Course: 295, Boat speed: 5.1 kts. [ Trouble and Recovery of AIS ] The winds and waves started to get higher from … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.14.2019, Day 49

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.13.2019, Day 48

4月13日 日本時間午前7時 48日目天気曇り 北緯25度58分 東経151度19分南西の風18ノット 波1.5 M ヘディング320度 船速7ノット 【縁の下の力持ち】 おとといの夕方、南鳥島、南の沖50マイルを航行、残マイル1000を切りました。いよいよ日本に帰ってきたという感じがしてとても嬉しいです。 昨晩は風が落ち、6時間ほど機走をしましたが、今は小名浜に向けて良い風を受けてどんどん近づいています。到着日については、なかなか決定せず多くの方々にご迷惑をおかけしています。飛行機だと分単位で誤差が出るくらいですが、ヨットの場合、一日単位いや一週間単位でずれてきます。現在のところ、19日か20日には着く予定ですが、これも最後の最後までわかりません。 特に、今回のプロジェクトを立ち上げるにあたって、最初からお力添えを頂いている、比企さん、安藤さん、谷本さんには本当に感謝しています。3人の方々は、仕事としてではなく、全く個人的なボランティアとして関わって頂いています。スポンサーとの橋渡し、メディアへの対応、東京での私の移動のガイド…。数え切れないほどのことをやって頂いています。また、ダグの奥様の尚美さんには、今回の航行のための食料品の調達から、アメリカへの運送、パッキング、ブログの翻訳、アップ、陸上部隊長として総合的な取りまとめなど、数え切れないほどの事をして頂いており感謝。 こうやって縁の下の力持ちがあってこそ、私がこの再チャレンジをできているということに、深く深くお礼申し上げます April 13th, 7 a.m., JST, Day 48, Weather: Clear 25.58 N 151.19 E SW 18 kts. wind, Wave hight: 1.5 meter Course: 320, Boat speed: 7 kts. [ Behind-the-scene heroes ] Our remaining distance of the voyage is now less that 1,000 NM. and we have … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.13.2019, Day 48

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.12.2019, Day 47

4月12日 日本時間午前7時 47日目天気晴れ 北緯24度19分 東経152度46分 南西の風15ノット  波1.5メートル ヘディング309度 船速6.9ノット 【どうして福島なんですか?】 昨晩は、福島に向けて気持ちの良いセーリングができました。このまま今日もセーリングを楽しめそうです。 昨日は、凪の時に船内片付けをし、一安心です。 しかし、明日は低気圧の影響を受ける見込みで、30ノットくらいまで風が吹き上がる予定です。安全に最善を尽くして乗り切ります。あと3~4回の低気圧の影響を受けそうです。 さて、到着地はなぜ福島何ですか?との質問をいただきました。 改めて、ここで到着地を福島にしていることについて書かせていただきます。 2011年3月11日東日本大震後、南カリフォルニア・サンディエゴで、セーリングをし、マリーナに戻る際、津波被害者、特に子供たちのことを考えるようになりました。セーリングをして海は素晴らしいと思っている私と違い、家族をさらっていった憎い海、自分が流されそうになった恐怖である海、津波の被害者である人たちは、そういう風に感じているんだろうなぁと思うようになったのです。 そんな中、いわき海星高校と、いわきジュニアヨットクラブが、所有していた艇を、津波によって流されたり、壊されて、セイルボートが一艇もなくなったと聞きました。 どうにか彼らに、海は素晴らしいという体験を、もう一度してほしいという願いを持っていました。ここで思いついたのが、サンディエゴのマラソンを走って、チャリティーで募金を集めるということでした。私のサポートグループ であるSWISを通して、サンディエゴの大リーグチーム、パドレスのピッチャーをなさっていた、大塚晶文さんを紹介していただき、快く私の伴走をしていただきました。大塚さん のおかげで、多くの方々から募金を頂き、小さなセールボート2艇を、いわき海星高校と、ジュニアヨットクラブに贈呈することが出来ました。 2013年、辛坊さんとの太平洋横断の際、彼らに贈呈後、福島の小名浜港から出港しました。ご存知の通り、その後クジラとの衝突により、挑戦を断念せざるを得なくなりました。 今回のプロジェクトの話が出た時、いわきの子供達に、ヨットから「ただいま」と言いたいと思い、福島の小名浜にしたのです。 成田さんを中心として、多くのサポーターの方々にお世話になっています。 April 12th, 7 a.m., Day 47, Weather: Clear 24.19 N 152.46 E, SW 15 kts. wind, Wave hight: 1.5 meter, Course: 309, Boat speed 6.9 kts. [ Why Fukushima? ] We had a great sailing last … Continue reading Hiro’s Journal / ヒロ日記より 04.12.2019, Day 47