Organizations We Support – わたしたちが支援する団体

The Himalayan Cataract Foundation , Trachoma Control Program , Challenged Athletes Foundation, and Safecast. The team will match, up to $2,500 for each charity (a total of $10,000), any properly evidenced donations to these organizations to promote awareness and support them.

THE HIMALAYAN CATARACT PROJECT BRINGS WORLD-CLASS EYE CARE TO THE NEEDLESSLY BLIND and works to eradicate preventable and curable blindness in the developing world with a steadfast commitment to training local providers and working with partners to leverage impact. Of the more than 39 million people worldwide suffering from unnecessary blindness, more than half are due to cataract which can be surgically treated. Numerous studies have shown that sight restoration with cataract surgery is among the most cost-effective interventions in health care. http://www.cureblindness.org/
*For matching donations, please make sure to donate to HCP through our Crowdrise page: https://www.crowdrise.com/o/en/campaign/team-dream-weavers-voyage-of-inspiration/teamdreamweaver

The TRACHOMA CONTROL PROGRAM is marking its 20th anniversary in 2018. The program works with ministries of health in six African countries to eliminate blinding trachoma, the world’s leading cause of preventable blindness. Trachoma is a bacterial eye infection found in poor, isolated communities lacking basic hygiene, clean water, and adequate sanitation. https://www.cartercenter.org/health/trachoma/index.html

It is the mission of the Challenged Athletes Foundation (CAF) to provide opportunities and support to people with physical challenges, so they can pursue active lifestyles through physical fitness and competitive athletics. The Challenged Athletes Foundation believes that involvement in sports at any level increases self-esteem, encourages independence and enhances quality of life. http://www.challengedathletes.org/
*For matching donations, please make sure to donate to CAF through our fundraising page: http://support.challengedathletes.org/goto/hiwamoto

SAFECAST IS A GLOBAL VOLUNTER-CENTERED CITIZEN SCIENCE PROJECT working to empower people with data about their environments that developed out of a dedicated group of individuals response to the March 11, 2011 earthquake in Japan. We believe that having more freely available open data is better for everyone. Everything we do is aimed at putting data and data collection know-how in the hands of people worldwide. From the outset, Safecast has not sided with either the pro- or anti-nuclear camps, and has striven to demonstrate the advantages to science and to the public of having an independent organization devoted solely to providing the most accurate and credible data possible. https://blog.safecast.org/


わたしたちは以下の団体の活動に世間の関心を高めることを目的として、それぞれの団体に2,500 USドル(総額10,000ドル/ 日本円にして115万円* 1ドル=115円換算)までの金額をマッチングギフトとして寄付します。

【The Himalayan Cataract Foundation 】
www.cureblindness.org
ヒマラヤン・カタラクト・プロジェクトは、治療可能なことが分かっていながらも経済的な理由で、白内障の治療が受けられず失明してしまう発展途上国の人々をひとりでも無くすプロジェクトです。世界で3900万人以上が、治療可能にもかかわらず失明している現状のなか、そのうち約半数以上が手術で治すことができた白内障患者です。
複数の論文が、白内障手術は、さまざまな治療の中でも費用対効果の高い手術のうちのひとつだと示しています。
*マッチングギフトをご希望の方は必ず下記のCrowdriseページを通してHCPに寄付して下さい:
https://www.crowdrise.com/o/en/campaign/team-dream-weavers-voyage-of-inspiration/teamdreamweaver

【Trachoma Control Program 】
www.cartercenter.org/health/trachoma/
トラコーマ・コントロール・プログラムは、2018年で活動20周年を迎えます。このプログラムはアフリカ6カ国で、トラコーマで視力を失う人々を減らすためのプログラムです。トラコーマとは、伝染性の目の結膜疾患。病原体はクラミジアで、主に衛生状態が整っていない、衛星的な水のインフラが整っていない発展途上の村などで発生します。急性結膜炎の形で始まり、慢性期には角膜が混濁し、視力低下を招くことが多い病気で、適切な治療で失明を防げます。

【Challenged Athletes Foundation】
www.challengedathletes.org/
チャレンジド・アスリート・ファンデーションは、アメリカの全ての障がい者アスリートのエンパワメントをミッションにしています。
身体的チャレンジをする人々をサポートし、運動や競技の場を提供して、人々がアクティブなライフスタイルを実現できるようにサポートします。
この団体は、レベルを問わずスポーツに関わることで彼らの自尊心、勇気や自立心やクオリティオブライフを高めると信じて、活動しています。
*マッチングギフトをご希望の方は必ず下記のページを通してCAFに寄付して下さい:
http://support.challengedathletes.org/goto/hiwamoto

【Safecast】
https://safecast.jp/
セーフキャストは、データによって人々が自ら力を持てるよう、データを提供する活動を世界規模で行うプロジェクトです。
3 月 11 日の地震およびそれに伴う福島第一原発事故が発生して以来、現在私達が最も重視しているのは日本の放射線ですが、この活動を通して、世界規模でより多くの環境データが必要とされていることを認識するに至りました。
この団体は、International Medcom 社や慶應義塾大学などの協力団体と協働し、警戒区域周辺を含む日本全国に配置された、固定センサーおよび移動センサーから成る放射線センサーネットワークを構築してきました。Safecast は、長期的な活動としてこれらニーズに取り組みます。Safecast は米国に拠点を置く組織ですが、現在は日本での現場活動に重点を置いています。