Recent Post / 最新のブログ

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.27.2019, Day 31

3月27日 日本時間午前7時 31日目 天気晴れ

北緯15度09分 西経176度29分 北東の風7 メートル 

波1.5 メートル ヘディング280度 船速6ノット

【太平洋上の Dream Weaver のドライバーと JR のドライバー】

風もちょうど良く、気持ちのいいセーリングを続けています。昨晩もセールやブームが暴れることなく、ぐっすり眠ることができました。

太平洋上を西へ西へと進んでいる Dream Weaverを間違って、舵を右に90度切っても、90度左に切っても、そのまま数日間行っても、何もぶつかるものはありません。


それに対して、 JR の運転手は大変です。1秒たりとも遅れのないよう、また、駅到着時はちょっとのズレのないようにしなくてはいけません。

前回東京に行った際、山手線で電車が止まった後、「停車場所がずれていますので少し動きます」との放送の後、数メートル動くのかなと思ったら、なんと10 センチ以内だったのです。驚きました。

太平洋上から、この出来事が象徴するように、日本はストレス社会だと改めて思いました。

March 27th, 7 a.m. Japan Time, Day 31, Weather: Clear

15.09 N 176.29 W, NE 7 meter wind

Wave hight: 1.5 meter, Course: 280, Boat speed: 6 kts.

[ Difference between drivers on Dream Weaver in the Pacific and JR trains ]

It’s been just right winds, and we are having a great sailing. The sails and booms are stable that I was able to have a good sleep last night.

Dream Weaver is heading west. Even if we take 90° to right, 90°to left by mistake, and keep on going wrong direction, we should not have anything to hit.

In contrast to us, drivers of JR trains are required a high accuracy. They can not delay even a second. Trains need to stop at the exact right spot at stations.

Last time I was in Tokyo, there was an announcement about adjusting the position after once the train has stopped. I thought it would move a few meters, but it was not even 10 cm (3 to 4 inches) !

As I talk about this in the middle of Pacific, I realize, the society suffers from so much stress in Japan.

https://www.photo-ac.com

Hiro’s Journal / ヒロ日記より03.26.2019, Day 30

3月26日 日本時間午前7時 30日目 天気晴れ

北緯14度41分 西経174度03分 東の風7 メートル 波1.5 メートル  ヘディング270度 船速6ノット

【予定日数の半数が過ぎる】

計画書に書いた予定日数は、60日間である。今日でその半数の30日が過ぎた。ここまで来れたことに感謝である。あと約30日間、安全第一で頑張りたい。風次第、天候次第であるが、早く着きたい気分だ。でも、慌てず落ち着いて、福島着岸に向けていきたい。

March 26th, 7 a.m. Japan Time, Day 30, Weather: Clear

14.41 N 174.03 N, East 7 meter wind

Wave hight 1.5 meter, Course: 270, Boat speed: 6 kts.

[ Pass the half point of the expected traveling period ]

60-days is the period we stated in the voyage plan. It has been 30 days since we departed. I appreciate we got reach far. We still have safety the priority. It all depends on the winds and weather, but I’d love to get to Japan sooner. Having said that, we would stay being careful and try to reach Fukushima.

Johnston Atoll /ジョンストン島

Dream Weaver has passed 50 nautical miles south of Johnston Atoll two days ago. It is an US territory and the site was used for high-altitude nuclear tests in the 1950s and 1960s, and until late in 2000 the atoll was maintained as a storage and disposal site for chemical weapons.

Dream Weaver is carrying a Safecast radiation monitor which the Dream Weaver team assembled, and is measuring radiation levels as they cross the Pacific. No significant readings are expected, but in some ways that is one of the core tenants of the Safecast approach:   Why presume or blindly trust other data when you can just measure for yourself and share your findings.  The more people who do that, the more we know and the more we can rely on the data.  

先日、ジョンストン島の50海里南をドリームウィーバーは通り過ぎました。これは現在アメリカ領で50年代、60年代、原爆実験に使われ、2000年代までは化学兵器の保管、廃棄の場として使用されていました。

ドリームウィーバーには、チームメンバーが実際に組み立てたSAFECASTの放射線絵計測装置を搭載し、太平洋横断中も計測をしています。放射線が計測されるような事は考えられないのですが、本来SAFECASTが求めているものは、自分達で計測したデータを共有する事が出来れば、信頼性に欠いたデータや憶測に頼る事はないという事です。

より多くの人がデータを集めれば、より多くを知り、そのデータに信頼を置く事が出来ます。

https://safecast.jp/donate/

Current location: 14.7285 N. 173.5582 W , Course: 239, Boat speed: 6.5 kts.

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.25.2019, Day 29

3月25日 日本時間午前7時 29日目 天気曇り

北緯15度54分 西経172度02分 北東の風2.5メートル 

ヘディング310度 船速3ノット

【寛平さんはすごい!】

昨晩から風が落ち、風向も変わりセールセットの為、眠れぬ夜でした。まだ微風です。

最後の2個のポリタンクの燃料を、先ほど追加しました。燃料タンクをキャビン内からコックピットにあげる際、出航した時より筋力が落ちていることを認識。とても重く感じました。

寛平さんは凄いです。アースマラソンの時、太平洋、大西洋をヨットで横断した後、走り始めたのですから。感服です。これから腕立て伏せでも始めるかなぁ。

*このプロジェクトの主要サポーターの一人、比企さんは寛平さんと一緒に二つの海をエオラス号で渡り、マネージャーとして全てを支えてこられた方です。

March 25th, 7 a.m. Japan Time, Day 29, Weather: Cloudy

15.54 N 172.02 W, NE 2.5 meter wind

Course: 310, boat speed: 3 kts.

[ Kanpei-san is a rough guy! ]

The winds are low from last night. We were required to change the sail setting even during the night time, to meet with the direction of the winds. I could not sleep. The winds are very low.

We just refilled the last two extra containers of fuel to the main tank. I realized my mscle got weaker ever since we departed, when I lifted up the containers from the cabin to the cockpit.

I still amazed how Kanpei-san was tough! He is a Japanese comedian who completed a project called “Earth Marathon” in 2011, that he sailed the Pacific and the Atlantic, and he ran two through two continents. Took him a couple years and he even overcome a cancer treatment during theAt period. Just unbelievable! I should start doing push-ups.

*One of our main supporting member, Hiki-san is the one who sailed two oceans with Kanpei-san. Hiki-san was working as his manager and supported the whole project back then.

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アースマラソン

https://www.sail-world.com/Australia/Japanese-comedian-sails-and-runs-a-circumnavigation/-79450?source=google.co.jp

https://www.toyo-rice.jp/marathon/yotei.html

Hiro’s Jiurnal / ヒロ日記より 03.24.2019, Day 28

3月24日 日本時間午前7時 28日目 天気晴れ

北緯15度7分 西経169度45分 東の風8.5 メートル 

ヘディング270度船速7ノット

【忘れかけた幼児の心をもう一度】

船上で生活していると、私は赤ちゃんではないかと苦笑いをすることがある。コックピットからデッキに行っり来たりする際には、落水しないように重心を低くして、ハイハイをするようにしている。また、シャワーを浴びれない代わりに、ワイピー(体を拭くウェットティッシュ)を使って体を拭いたりする。

このような時、ふと思うことがある。興味を持ち、触ってみたり口に入れたりした幼児期、いつから色々な物や出来事に対して鈍感となり、感動を忘れてしまったのか?

笑顔を絶やさず周りを明るくしていたあの頃、いつからしかめっ面をするようになり、何事に対しても不平不満を言うようになったのか?転んでも転んでも立ち上がろうとしていた幼児期、いつからチャレンジ精神を忘れてしまったのか?

母親を信じ、母親のサポートを受けて手をしっかり握り歩こうとしたあの頃、いつから人を疑い、いかにも自分一人で生きてるように振る舞うようになったのか?

忘れかけていたこのような幼児の心を思い出してこれから生活していきたい。人生が大きく変わるだろう。

March 24th, 7 a.m. Japan Time, Weather: Clear

15.7 N. 169.45 W, East wind 8.5 meter

Course: 270, Boat speed: 7 kts.

[ The strengths of a child which we have forgotten ]

Living aboard a boat, I sometimes feel as though I am a baby.  When I am going to and from the cockpit to the deck, I crawl with your body weight low to the ground so not to lose my balance and fall overboard. Since we do not shower, we use wet wipes to clean yourselves. 

In these moments, I suddenly remember the curiosity of children who want to explore and learn and put everything in their mouth. Since when have we forgotten the excitement and curiosity? 

As children we were smiling constantly, bringing joy to those around us. Since when have we become so cynical and unsatisfied, always with a frowning and scowling. As children we would fall and fall again and we would pick ourselves up again and again. Since when have we forgotten this spirit to keep on trying.

As children we would trust our mothers as we clutched on to their hands and attempt to walk. Since when do we distrust other people so much and pretend as though we are living without the support of others. 

I’d like to try to live my life remembering the strength that I had, that we all had as children. I’m sure my life will change greatly.

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.23.2019, Day 27

3月23日 日本時間午前7時 27日目     天気晴れ

北緯16度11分 西経167度02分 北東の風8メートル 

ヘディング280度 船速5.5ノット

【久しぶりの読書】

昨晩も波と風が上がったので、セールを小さくし乗り切りました。素晴らしい天気になり貿易風帯のセーリングを楽しんでいます。

昨日の午後は、久しぶりに時間があったので、読書をしました。ヨット雑誌「舵」を読ませてもらいました。どうやって雑誌を読むかと言うと、音訳ボランティアグループである「葉山やまばと」の方々が、ほとんど全ての記事を毎月読んでくださるのです。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

この雑誌の記事がきっかけで、2013年の辛坊さんとのプロジェクトが始まったのです。エオラスについての記事を私が読み、エオラスを使用させて頂き太平洋横断したいとのメールを編集部宛に送ったのが最初でした。編集部からオーナーの比企さんに、そのメールが転送されたのです。この記事がなければ、葉山やまばとボランティアグループがなければ、編集部の人が比企さんにメールを転送していなければ…、多くの…。このように考えると人生って、人のおかげさまで成り立っているなぁということを改めて感じています。

今回の記事の中で最も印象深かったのが、1968年に一人だけでヨットを操船し、どこにも寄らず世界一周をするというレースが行われていたということです。さらにびっくりしたのは50周年を記念して、昨年同じ条件下でレースが行われたということです。もちろん、オートパイロットも、GPS も、ナビゲーションシステムもありません。ヨットも今の世界一周のレースから比べると非常に小さいものです。このようなレーサーからすると、私などひよっこのようなものだなぁと思いました。

是非皆さん、ヨット雑誌「舵」を買って読んでみてください。美人発掘委員会からのレポートなど、楽しい記事もありますよ。

March 23rd, 7 a.m. Japan Time, Day 27, Weather: Clear

16.11 N. 167.02 W, NE 8 meter wind

Course: 280, Boat speed: 5.5 kts.

[ Reading for the first time in a while ]

The waves were high and winds were strong last night. We adjusted the sail to be a little smaller to accommodate these conditions. It’s been great sailing with the trade winds. 

Yesterday afternoon I had some spare time to do some reading first time in a while.

I read the Yacht magazine, KAZI. I read the magazine by listening to the voice recordings created but the Hayama Yamabato group who volunteer to make audio versions of magazines.

Thank you so much to the Hayama Yamabato group!

An article in this magazine is actually responsible for giving me the first push to challenge my first voyage across the pacific. I read an article about the ship, Aeolus, and decided to send a message to the editor that I’d like to use the boat. The editors connected me to the owner of the boat, Hike san. Without this article, without the volunteer group ,without the editor and without Hiki san, my first attempt would never have happened. We are all dependent on other people to achieve our goals in life. 

In the article I was reading yesterday, I read about a race held in 1968, challenging sailors to a non stop round the world race. Last year was the 50 year anniversary of this race and they challenged modern day sailors to attempt the same thing with same equipment they had in 1968. This means no GPS device, no autopilot, no navigation system. They also had to sail on yachts much smaller than the ones used in modern day round the world sailing. I’m sure that to those sailors, what we are attempting is a piece of cake. 

I highly recommend that you read KAZI. It’s a great read. 

PICTURES OF YESTERYEAR – COPYRIGHT RESERVED Historic. Circa 1968: Robin Knox-Johnston, the first man to sail solo non-stop around the World, aboard his 32ft 5in yacht SUHAILI. He returned to Falmouth, England on 14 June 1968, completing the 30,123 mile voyage in 313 days – an average of 4.02knots.

https://goldengloberace.com/history/

http://www.kazi.co.jp

Hiro’s Journal / ヒロ日記より 03.22.2019, Day 26

3月22日 日本時間午前7時 26日目 天気晴れ
北緯15度44分 西経164度30分 東の風10 メートル 波 2.5m
ヘディング270度 船速7ノット

【ゆっくりと経過する船上での時間】

昨晩は、南東に風が吹いたため方向を変えるためにセールのセットをし直しました。

2人でウォッチ(見張り)をするので(私の場合 “聞き張り”?)、1日12時間ウォッチをすることになります。ウォッチの時間帯は私の場合、 Dream Weaver のことが最も分かりやすい、コックピット、前のデッキに座って、異常な音や振動、ヒールがないかを確認します。ただ 、オートパイロット に負担がかかりすぎていないか触りながらその音や振動を確認します。視覚障がい者用ナビゲーションシステムで、ボートスピードとヘディングを確認しながら急な変化を確認した場合、ダグに連絡します。また、風の状態を視覚以外の皮膚感覚で方向と風速をチェックします。


オフウォッチの時には、睡眠や食事、船内の掃除、ビデオを撮ったりします。時間があるときは、オーディオブックを読んだり音楽を聞いています。忙しくはありませんが、インターネットやメールはできません。時間はありますが何かとやることがあり、暇で仕方ないということはありません。ニュースももちろん入ってきませんので(海の気象以外は)、九州の桜開花宣言が出たのかすらわかりません。

このように船上での時間はゆっくりと過ぎていきます。自分を見つめ直したり、瞑想をしたりする良い時間が与えられていることに感謝です。

PS:いただいているメッセージはほとんど全て姉に読んでもらっています。皆さんからの元気を引き続きいただけましたら幸いです。返事ができずに恐縮です

March 22nd, 7.a.m. Japan Time, Day 26, Weather: Clear

15.44 N 164.30 W, East wind 10 meter

Wave hight: 2.5 meter, Course: 270°, Boat speed: 7 kts.

[ Time goes slowly on the boat ]

We adjusted the sail settings twice last night to meet with change of wind direction coming from southeast.

We share the watch, so each of us have 12 hours on duty. (in my case, “listen”?) On my watch, I pay attention to cockpit. I also sit on the front side of the deck and make sure if there is no unknown sounds, vibrations and heel angle. I also pay attention to sounds and vibrations to check the autopilot working fine or getting too much stress. When I detect a sudden change of the boat speed and the heading direction by using my talking navigation system for blind sailors, I let Doug know about it. Another thing I can check is the wind, like speed and direction by sensing on my skin.

On my off-watch, I sleep, eat, clean the boat and take some videos. If I have some extra time, I like to listen to audiobooks and music. I am not too busy, but no internet surfing or email checking. We have plenty of time, but always have something to do, so it is not like we have some time to kill. We get no news except for weather forecast, so I don’t know if cherry started to bloom in Kyushu. (it is a big deal for Japanese!)

The time goes slowly on the boat like this. I am grateful to have this opportunity to take a look at myself and time do meditation.

P.S. My sister reads me most of your message for me. I appreciate you keep on sending us positive power and messages. I am sorry, we can not respond to each one right now.